無料登録

 

toiee Lab式 WordPress+α塾を開講します
2週間で制作代行業者も実現できない、すごいレベルになろう

目指すレベル

toiee Lab スタッフレベルを目指します。このレベルは、巷の制作代行業者の「はるか上」です。具体的には、

  • なんども、見返したくなる「美しいデザイン」を実現でき
  • 自分のビジネスにぴったりのサイト構成を、自由自在に体現し
  • さらに、Googleの上位に表示されるため「外せない仕組み」

を実現できるようになります。

つまり、この塾があなたに手渡すものは、WordPressの使い方ではありません。「自由自在にサイトを構築できる、強力なビジネス上の武器」です。

 

無料登録をすると、「WordPress+α塾」の無料コンテンツを閲覧できるようになります。

無料コンテンツは、「WordPressの基礎を学べる」十分な量を公開しています。
是非、あなたも無料登録して、WordPressをマスターしませんか?

そして「もっと学びたい」となったら、有料プランをご検討ください。

 

toiee Lab 所長・亀田学広
博士(情報学)

新規登録する

 


WordPressで、骨折した人へ

この文章を読んでいるあなたは、おそらくWordPressにチャレンジして、混乱し、自分が何をやっているかわからなくなって、気づけば何時間も無駄にしたことがあると思います。

それも、一度や、二度ではないでしょう

「WordPressが大幅に進化した!」「無料ですごいことができる」という記事を読んで、再チャレンジしてみたこともあるでしょう。

その度に、WordPressがどんどん嫌いになって、最後は

「苦手」「自分には無理」「特別な才能が必要」

と思っていませんか?

私も、WordPressに「複雑骨折」させられました

toiee Lab のファシリテーター(公認の先生)のための情報サイトを作ろうとして、WordPressを手に取りました。

一応、情報学の博士号を所得しているし、プログラミングもしてきました。何よりも、インターネットの仕組みなどを熟知しているので、「WordPressなんて、余裕」と思っていました。

ところが、こんなサイトができました。

「誇張でしょ?」「うまいストーリーですね」と思われるかもしれませんが、「やらせ」ではありません。

私は、3時間後、toiee Lab スタッフには内緒で、このサイトを「そっと非公開」にして、別のソフト(プログラミング技術が必要なもの)を使って作りました。

今日、この文章を作るまで、誰にも見せたことはありません。

(ちなみに、toiee Labスタッフに見られて、大笑いされ、悔しい思いをしています)

でも、今は違います

この会員サイトの隅々まで見てください。iPhoneや、高解像度のディスプレイで見ると、その美しさが際立ちます。

さらに、私の現在の能力を誇示するために(すみません、骨折して笑われた腹いせです)、ある方のWebサイトをリニューアルしたら、どうなるか?を作ってみました。

所要時間は、15分ほどです。

更に、こんなこともできるようになりました

自慢をするわけではありませんが、WordPressで自由自在にWebサイトを作れるようになるまでに要した期間は、約1週間です。

さらに、私はプログラミングが多少できるので(多分、結構できます)、気に入らないところがあれば、WordPressの内部に関わる部分をカスタマイズできるようにも、なりました。

そして、ビジネスに必要な機能を自分でプログラミングして、WordPressをパワーアップさせることすらできるようになりました。

WordPressの可能性のすごさを、まざまざと体験しました。

ド素人のtoiee Lab スタッフも自由自在に

やっぱり、プログラミングができる人は違うんだ・・・と思うかもしれません。

しかし、私は、先ほどお見せしたように(イヤイヤです)、ダッサイサイトしか作れなかったのです。

プログラミング能力は、一切関係ありません。

その証拠に、私が発見した「あるWordPressの取り組み方」を toiee Labスタッフに教えたところ、彼も、たった2週間で、自由にWordPressでサイトを作れるようになりました。

この二人は、正直言って「ド」がつく素人です。

プログラミングはわからないし、HTMLタグもかけなかったし、普段は全く別の仕事をしていました。

実際のド素人社員が作ったサイトは、こちら

実は、この会員サイトの大部分も彼らが作りました。会員サイトの決済部分や、ナビ、メニューその他は、彼らが作りました。

一人は副業を開始しました

toiee Lab は、本業に支障をきたさなければ、副業をして良いことにしています。

なぜなら、一つの分野だけで仕事をしていると、視野が狭くなり、新しいものを生み出せなくなるからです。

そこで、自由自在に作れるようになったスタッフの一人は、「副業」を始めました。ちなみに、受注金額は15万円です。

受注先の方は、ものすごく喜んでいます。今まで、年間30万円以上かけて、ダサいサイトで、しかも自由がきかない状態だったので、本当に喜んでくれています。


なぜ、WordPressを使い始めたのか?

私が、WordPressに再チャレンジしたのは、toiee Lab の会員サイトを再構築する必要に迫られたからです。

Teachable.com というオンラインコースを販売できるWebサービスを使っていたのですが、教材が増えれば増えるほど、顧客からクレームが届くようになりました。

「何が、どこにあるかわからない」
「探せない、見つからない」

せっかく収録した音声セミナーも、見つけてもらえず、誰も聞いてない・・・そんな悲しい状態が起こりました。

Webサービスは、立ち上げ時期は便利かもしれませんが、自分のビジネスと合わなくなってくれば、すぐに問題を引き起こし始めます

まさに、それが toiee Lab の会員サイトに起こったのです。

toiee Lab 専用の独自のシステムを構築してもらおうと思うと、「初期費用200万円」という見積もりになりました。立ち上げたばかりの会社で、200万円。どんな物が良いか手探りの中、200万円で足りるはずもないと思いました。

そこで「苦手!!」と思っていた、WordPressを使い始めました。

テーマを買って解決のはずが・・・

新しいシステムを開発する時間もないし、WordPress を使うことにしました。そして、少しだけ英語が使えるので、有名なWordPressの有料テーマを販売するサイトにアクセスしました。

その中で、「toiee Labがしたいことにぴったり」のテーマを買って、「外見は、一切いじらず、文章だけ変えて」、新しいサイトを作ろうと考えました。

つまり、「お金で解決できる」と考えました

一番人気を買ったのに・・・

いろんなテーマを検索して、物色していたら、「圧倒的な人気」のテーマがありました。このテーマの機能一覧を眺めると、眩いばかりにリストが並びます。

更に、ダウンロード数は20,000件、レビューを見ると褒めちぎられています。

そこで気を良くして、「ポチ」とクリックして買いました。

ところが・・・・、

テーマをインストールすると、果てしなくプラグインをインストールさせられました。次々増える機能のそれぞれの役割も一切不明。とにかく、「クリックしろ」とメッセージが出るから、クリックし続けるだけの時間を過ごしました。

そして、立ち上がったサイトは、見るも無残でした。

ショックのあまり、サイトは即削除したので、画像が残っていないのですが、言葉で表すと、「ハゲ山」みたいなサイトが出来上がりました。

ポツポツと文字が出ていて、真っ白なサイトが出来上がりました。

そこから、どんどん記事を入れたり、コースを追加しようと思ったのですが、ボタンが多すぎて、手も足も出ませんでした。

「なぜ、こんなテーマが一番人気なんだ?」
「WordPressのプロたちにとっては、難しくないのか?」

本当に謎でしした。

最終的に50,000円を失いました

その後も、数個ほどテーマを購入しましたが、どれもこれも、使い物になりませんでした。

よく考えれば、ランキング上位を狙うためにキャペーンをしていたり、私のように判断できない子羊たちが「上位だから買おう」と言って、悪循環を引き起こしていることに、ようやく気づきました。

「全く違うアプローチをしなければならない」

そう決意をしました。

偶然見つけたヘルプサイトがきっかけに

意気消沈をした私は、気分転換にあるいろんな海外サイトを見ていました。すると、あるサイトを見つけました。

「なんか、すごく綺麗だなー」
「こんな感じの会員サイトを作りたいんだよねー」

「このサイトって、何で作っているんだろう?」

早速、サイトのソースコード(HTMLデータ)を開いて、調べて見るとWordPressを使っていました。更に、テーマの名前もわかりました。

WordPressは、iPhoneみたいなもの

この偶然発見したサイトから、辿って「あるテーマ」を見つけ出しました。そのテーマは例のThemeforest (海外で一番大きいWordPressのテーマを販売しているサイト)には、出品していませんでした。

ところが、20,000人近くのユーザーがいました。
更に、価格も、themeforest の平均よりも2倍ほどでした。

「高いのに、たくさんのユーザーがいる」
「これは、投資してみる価値があるのでは?」

と思って、 $149 を支払いました。

それから、このテーマを触って研究して、カスタマイズすることで「WordPressの本質」を明確に理解しました。

WordPress は、iPhoneみたいなものです。

iPhoneだけでは、生活は変わらない

あなたは、iPhoneやスマホを持っていますか?

私は、購入した時、とてもワクワクしました。これを使うと、生活が変わる!と期待していました。

箱から開けて、電源を入れて、自分の名前を設定して・・・

数分後、いつもと変わらない日常でした。何も起こりませんでした。でも、生活が一変すると本当に信じていました。

 

アプリが生活を変える

iPhone は、ただの「小さなコンピュータ」です。重要なのは、この上にある「アプリ」です。例えば、Facebookを使えば、何年も前の友達と繋がり、同窓会に発展することも多々あります。

また、LINEを使えば、友達や大切な人と、距離を感じないぐらい、コミュニケーションができます。

美しく加工してくれる、写真アプリを使えば、ただの写真が「作品」に変わったりします。

iPhoneはなくてはならないですが、それだけでは何も起こりません。大事なのは、その上のアプリです。

つまり、WordPressはあくまでも「土台」です。その土台の上に「どんなアプリ」をインストールするか?がとても重要です。

10年以上前の同窓生を見つけ出したいと思っているのに、LINE をインストールしても、意味がないですよね?LINEで見つかるのは、自分の電話帳にいる人だけです。

一方で、Facebookで、家族のやり取りはしませんよね?LINEで「帰りに、大根買ってきて」や「ごめん、遅くなります」とやり取りします。

WordPressで重要なことは、「良いテーマ」や「良いプラグイン」を見つけ、そのテーマやプラグインの使い方を学ぶことです。

どうやって、テーマを探せばいいのか?

このような経験から、全く別の方法で「テーマ」や「プラグイン」を探すことにしました。例えば、以下のような方法です。

  • この会員サイトを作るために購入したテーマを販売するサポートに、「有料会員サイトを作りたいんだけど、どんなプラグインがオススメ?」と(一応英語で)聞いて見ました

海外は、サポートが充実しています。結構、フランクに答えてくれます。

「私たちは、これをお勧めするよ。別のプロジェクトでも使っているし」
「ヘルプサイトに説明を載せているから、見てみて」

そして、実際に購入してみました。すると、シンプルで使いやすい。本当に、素晴らしいものでした。

このように、Themeforest を無視して、全く別の方法で探すことにしました(その方法をここで説明すると、非常にややこしいので割愛します)。

基本的には

  • プログラマーではなく、「デザイナー」が手がけているもの
  • いい製品を作っている人が信頼して、使っているもの
  • 広告などしていないのに、すごい評価が高いもの

などです。

いくつも購入して、すごいものを見つけました

ただし、多くの有料テーマは「購入して使ってみないと、良いか悪いか分かりません」。海外サイトでは、

  • 100% 返金します!
  • 30日以内なら、気軽に言ってね!

と書いています。噂では、アメリカ人は気軽に買って、「やっぱヤダ」と返品するらしいのですが、妙なところで日本人気質の私は、勝手に泣き寝入りをしました。

結果、無駄にいろんなものを買いましたが、とうとう「これはいい!」というものを見つけました。

68,000ユーザーが支持するすごいテーマ

日本のテーマは、基本的に高いです。そして、とても閉鎖的です。具体的には

  • 1テーマ 15,000円
  • 1サイトにしか使えない
  • 製作代行には使ってはいけない
  • サポートは有料

こんな感じです。

ところが、海外は事情が全く違います。

海外のテーマは、市場が非常に広いです。英語圏だけでなく、フランス語、イタリア語、スペイン語圏まで市場は広がっています。

その結果、競争が激しく、素晴らしいものでも「探せば、とても安く」購入できます。信じられないような価格、性能、ライセンスのものが存在します。

私が最終的に見つけたもので、「上記のリニューアルのデモ」で使ったものは、

  • $79 (約8,500円) で
  • 45テーマ(カラーバリエーションを入れると 450以上のパターン)
  • 何サイトに使ってもいい
  • 製作代行に使ってもいい
  • アニメーションなどが施せる機能などなど

つまり、$79 支払えば、あなたは「製作代行の強力な武器」を手にすることになります。

すみません、「教えたくない」です

私の友人の一人が昔こんなことを言っていたのを思い出しました。
彼は、WordPressを使って製作代行をしていました。

「WordPressは、どんなテーマを買うかが重要」
「いろいろ買って失敗した」
「高機能だけど、死ぬほど使いづらいものもある」
「だから、「これ!」というものを見つけたら、それを使い続ける」

そして、最後に一言

「すごいいいのを見つけたら、同業者には絶対に教えない」

と言い放ちました。

当時は、全く関心がなかったので、「へぇー、WordPressの世界って大変だねー」とぐらいにしか思っていませんでしたし、

「なんて、心の狭いやつなんだ」

と蔑んでいました。

今ならその気持ちが、痛いほどよくわかります。
〇〇くん、ごめんなさい・・・

でも、私は「ここの場で」教えます

このThemify は、68,000人も顧客がいます。
日本のテーマサイトとは桁違いの顧客数です。

このテーマを入れると、WordPressが別物になります。

他にも、いろんなことができます。ざっと挙げると

  • 背景画像の代わりに、動画を流したり
  • WordPress上で画像を美しく見せる修正をしたり
  • プランを分かりやすく比較できる表(プライステーブル)を作れたり
  • タイムラインで経緯を分かりやすく表示できたり

22の機能が使えるようになります。

これらの機能を使うと、以下のようなサイトが作れます。

一番おすすめは、Clubメンバーのプランです

このサイトで購入できます。オススメは、CLUB メンバーになることです。

サイトへのリンクは、こちらです。

ただし、注意が必要です

先ほど説明したように、WordPressではなく、Themify の使い方を学ぶ必要があります。Themify の使い方は、Amazon.co.jp では売ってません。誰かが、懇切丁寧に教えてくれるわけでもありません。

Themify では、「ドキュメント(説明書)」を用意していますが、「コンセツ丁寧」には教えてくれません。

また、Themify は、68,000人近くもユーザーがいるので、活発に活動しています。時々、機能をアップデートしたり、新しいテーマが追加されます。

その度に、「新しい使い方」を、自分で学ぶ必要があります

かと言って、誰かが「懇切丁寧な日本語マニュアルをブログにアップしてくれるのを待つ」のでは、一生、「誰か待ち」でしか、何も学べない状態になってしまいます。

どうすれば、本当に自由自在になるのか?

もしかしたら、今、あなたは、「Themifyのこと」で頭がいっぱいかもしれません。しかし、ちょっと冷静になってください。Themify 一つで世界は変わりません。

多くのダイエット器具がもたらしたものは、「器具一つで、痩せたら世界は平和だよ」ということです。

本当にダイエットが成功する時は、「器具をきっかけに、生活習慣全体を改めた時」です。腹筋マシーンや、電気でビリビリ流している器具だけで、社会問題であるメタボリックシンドローム予備軍は、減ったりしません。

(もし減ったら、国が購入して配るはずです。頭痛の種である医療費を圧倒的に減らせるのですから)

toiee Lab スタッフの二人が「自由自在」になって、製作代行の副業を受けられるようになったのは、「良い道具」ともう一つの大切なものを手に入れたからです。

それは「仕組みを理解する」ということです。

最良の道具を「仕組みを理解して」使う

この見出しの通りです。これが「全て」です。

私もそうでしたが、WordPressを慌てて使おうとした時、「なぜ、この作業をやっているのか?」が全くわかりませんでした。

どこかのブログに書かれている作業を、ただただ、コピペしてるだけ。その繰り返しをしていたら、

  • なぜか、うまく動いた
  • あるいは、なぜか、うまく動かない

人生において、何の価値もない、ただの作業を繰り返すだけの時間を過ごしていました。そして、その先に待っているのは、

  • 何が何だかわからない
  • 自分が、何をしたかったのかもわからない

そんな状態です。
(さすがに、自分の名前を忘れるまでは、混乱しませんでしたが)

仕組みを知って、ボタンを押す

もし、インターネットの仕組みや、WordPressの仕組み、構造を学びながら、目の前の仕事を行うと「世界が開け」ます。

大げさに思うかもしれませんが、本当に世界が違って見えます。

なぜなら、私たちは「インターネットが、社会の隅から隅まで浸透している世界」に生きています。そのインターネットについて、誰も、ほとんど何も知りません。

目の前の動画が、どうやって表示されているのか?
どこにデータがあるのか?
なぜ、海外の動画がこんなに早く表示するのか?

これらの答えは、「仕組み」を知ることで解決します。そして、この「仕組みを知る」と

  • 作業のスピードが何倍にもアップ

します。

仕組みを知れば、単純作業のスピードがアップする

あなたは、料理をされますか?
得意でしょうか?

料理が得意な人は、同時にいくつもの「おかず」を作ります。時々、電子レンジをうまく活用して、時間短縮をします。さらには、市販の調味料をうまく使って、手軽に美味しいものを作ります。

この人は、「料理」「味」「調理方法」の仕組みを理解しているので、自由自在に料理することができます。

一方で、料理が苦手、したことがない人は、ゆっくりです。

レシピ本を片手に、1番、2番、3番と順番にしか作業ができません。本当は、2番で待っている間に、他のことができるのに見えません。また、2番と3番は同時にやっても大丈夫なのに、ゆっくり順番にします。

さらに、「あれ?なぜか美味しくない!」という時に、

  • 自分が何をして、こうなったのかわからないので、直しようがない

ということが起こります。

結果、もう一度、丁寧に間違わないように、同じ作業をするしかありません。これは、人生という貴重な時間の無駄遣いでしかありません。

料理の場合、大抵、調味料は微調整が必要です。なぜなら、「じゃがいも3個」でも、種類、季節によって大きさも、甘さも、水分量も違います。自分で調整することが必要です。

このような「当たり前の基礎知識」がなければ、「同じことをもう一度やったのに、今度は間違っていないのに・・・」と、絶望を味わうことになります。

WordPressも全く同じです。

「前提知識」「仕組み」を学ぶこと、それを知って「ボタンを押すこと」が大切です。

「WordPress自由自在」になる5つのステップ

以下に、私がWordPress自由自在になった経験を振り返り、実際に toiee Lab スタッフで実験した「検証済み」の5つのステップを説明します。

このステップに従って、進めていくと「加速するように」WordPressが理解でき、自由自在に使いこなせるようになります。

ステップ1. 高い目標を持つ

意外かも知れませんが、コーチングという分野ではよく知られた知識です。私たちは、「目標が低い」とすぐに行動をやめます。また、目標が低いと、モチベーションも、好奇心も湧きません。

すごく重要なことなのですが、多くのWordPressのスクールでは、教えません。

(よく考えれば、責めることはできません。彼らはプログラマ、Webデザイナーであって、教える専門家ではないので、それが普通です。)

具体的には、以下のような目標を持ってください。

  1. 製作代行を受注できるレベルになる
  2. 巷のWebデザイナーや製作代行業者よりも、インターネットの裏の仕組みを知っている
  3. 見た目だけがかっこいいだけでなく、やりたいことが実現できる人
  4. WordPressができる人ではなく、「ビジネスに必要な仕組み」を作れる人

これを目指してください。

つまり、「WordPressをマスターするのが目的ではなく、WordPressは単なる手段」に格下げするような「高い目標」を持つことが必要です。

そうすれば、WordPress以上の知識を学ぶ意欲が自然と生まれてきます。これがとても重要です。前提知識を、ゴクゴク飲み干すスポンジ脳の状態を作ってください。

ステップ2. 隙間時間を活用して知識を得る

「知は力なり」と昔から言われていますが、本当だと思います。知っているか、知らないかが大きな差を生みます。

とにかく「知っている」「聞いたことがある」という状態を作ります。

先にたくさんの「聞いたことがある」ものを増やしておけば、サーバーの設定や、WordPressを操作している時に、「あ!こんな話してたな。それが、これか!」となり、

  • 知識がどんどん繋がっていく

という現象が起こります。普段からアンテナを立てているものは、何かのきっかけで、「なるほど!」と深い理解ができたりします。

それと同じで「先に知識を、がぶ飲みする」ことが大切です。

そこでこの塾では、オンラインのビデオ解説もすべて「オーディオ」にしています。Podcast という仕組みを使って、クリックひとつで「iPhone、スマホに取り込んで」いつでも聞くことができます。

Podcastは、倍速再生もできますので、移動時間、隙間時間、家事をしている時に、聞き流すことで、知識を溜め込んでください。

ステップ3 : 仕組みを学び、イメージしながら作業をする

次に、レンタルサーバーの設定をする時でも、WordPressのインストールをする時でも、

  • このボタンを押したら、裏ではこうなって、ああなって・・・・
  • だから、こんな画面になったんだな

というように「常に、裏側をイメージ」しながら、作業をします。

難しい用語ですが、このような作業の仕方をすると「メンタルモデル」が構築されます。メンタルモデルとは、「世界をどう理解しているか?」という構造です。

このメンタルモデルが構築されてくると、

  • 違う形のものでも、楽々触れるようになります

例えば、あなたは「水道」のメンタルモデルを正しく持っているはずです。いろんな水道の蛇口、ハンドルでも、楽々使いこなしますよね?

あるいは、テレビのチャンネルについても、正しいメンタルモデルを持っているはずです。電源を押して、上下の矢印などを押して自由に操作しています。もし、違う家のテレビを操作することになっても、全く苦になりませんよね。

これが「メンタルモデル」を持っているのと、持っていないのの違いです。

WordPressだけでなく、インターネット、ウェブシステムのメンタルモデルを構築することができれば、「自由自在」になります。

実は、このパートが最も重要です。
私たちは、学習の専門家です、これこそが「学習の本質」でもあります。

このような観点から、この塾では「仕組み」を簡単に解説してから、実際の作業を説明しています。また、何らかのトラブルの解決策の知識も溜め込んでいますが、これらも必ず「仕組み」「原因」を解説してから、「解決策」を教えるようにしています。

以下は、動画解説の例です。

以下は、「解決策」の提示方法です。

ステップ4. 失敗できる環境を作る

WordPressを自由自在に使いこなせる状態を作るには、「失敗していい場所」を作ることが大切です。

具体的には、「メインのサイト」とは別の場所に、もうひとつ「WordPressサイト」を作ることです。

例えば、会社のサイトとは別に、自分の趣味のサイトを持つのも良いでしょう。趣味のページには、大事なことを書かず、たとえ一時的に止まっても問題ないようにします。

そうやって「潰してもいいサイト」を持つと、信じられないぐらい早く成長できます。多くの人が、「いきなり本番」でWordPressを使っています。

本番とは別の場所で、実験を行い、正しいメンタルモデルを持った上で、本番のWordPressに反映をすることがとても大切です。

このような「失敗してもいい場所」を持とうと思ったら、「理解していること」が必要です。

もし、「インターネットの仕組み」を知らずに、ただの作業として契約やインストールをしていたら、またマニュアルとにらめっこをして、失敗しないように、おっかなビックリボタンを押して、貴重な人生の時間を浪費することになります。(本当に、無駄だと思いませんか?)

ステップ5. 人に教える

話せば長くなりますが、「人に教える」と、学習効果が10倍に上がります。人に教えることには、3つのメリットがあります。

  1. 人に教える予定で、学ぶと深く学ぶ
  2. 人に教える瞬間に、自分の理解を確認できる(分からないことを、わかる)
  3. 学ぶ喜びが得られる

特に重要なのが、「3. 学ぶ喜びを得ること」です。どんな分野でも、自由自在のレベルに到達している人は、「学ぶこと自体」が楽しいのです。イヤイヤやっている人で、プロはいません。

昔からいますよね、「好きこそ物の上手なれ」と。

この塾では、「オンラインコミュニティ」を用意しています。そこで気軽に、質問したり、答えたり、教えあえるようにしています。

自分が発見した「方法」や「捉え方」などを、どんどんシェアしていくことで、お互いに刺激しあい、もっと前に進めるようになります。

WordPress+α 塾の内容

これから、2人のスタッフに教えてきたことを、もう一度、別のスタッフに向けて教えていきます。その様子を全部、録画して、あなたとシェアします。

私たちは、図解が得意なので、「図解」を交えながら説明をします。百聞は一見にしかずです。図で見れば、メンタルモデルは簡単に構築できます。

次々と、講座を追加し、それらを「わかりやすく、探しやすく」この会員サイトにまとめていきます。

知りたいことがあったら、検索して、すぐに見つけ出せます。

以下に、塾のカリキュラムを記載します。
(目次などは、この会員サイトをご覧いただければ、把握できると思います)

カリキュラム

目標は、制作代行ができるレベルです。そのために、

  • インターネットの仕組み、サーバーの仕組みなど、正しい前提知識を学びます
  • さらに専用サーバーを扱える知識も学びます(必要と思う人だけでOKです)
  • レンタルサーバーについても、仕組みを学び使います
  • WordPressの根本を学び、触っていたら勝手にレベルアップすることを学びます
  • Themify の学び方を学びます
  • Themify に限らず、どんなサイトでも必須の「モックアップを作る」ことを学びます
  • toiee Lab が試して本当に良かったプラグインを「仕組み」とともに「お伝え」します

知識を集積します

また、トラブルの解決方法も、順次載せていきます。

  • 真っ白になった時、どんな原因が考えられ、どう解決したらいいのか?
  • 会員登録とメール配信システムを連動させたい
  • 会員に Slack コミュニティに登録してもらいたい
  • フォーラムを設置したい
  • SVG画像を使いたい

様々なノウハウ、トラブル解決などの知識も集積します。

ただのオンラインコースではなく、もっと先へ

つまり、WordPress+α塾の会員サイトは、ただのオンラインコースではありません。それ以上のモノです。

このように、

  • 学ぶための知識から
  • 具体的なノウハウ
  • 様々なテクニック、Tips、プラグイン
  • トラブルの対処方法

無料登録で、大事なところをほとんど公開

この文章を読んでいる方の中には、「学びたいのは山々だけど、とりあえず、WordPressWebで素早くサイトを立ち上げたい!」という方も、いらっしゃるでしょう。

インターネットの仕組みなどを学んでからではなく、

  • まず、サイトを立ち上げて動かしつつ
  • 後から、仕組みを学び、実験できる場所を作って
  • 徐々に、メインのサイトを改良していきたい

そんな方のために「クイックマスター」コースをご用意しています。

このコースを、「無料登録」された方へ、無料で公開しています。

 

可能性を手にれよう!

今こそ、自信を持って言えます。

WordPressを自由自在に使えれば、大概のことはできる!です。

WordPressを使えば、ビジネスシステムを作るために「改良」ができます。そして、世界中(もちろん、日本にも)、WordPressを理解しているシステム会社はあります。

あなたのビジネスが成長してきたら、彼らに頼んで、リーズナブルに「独自のシステム」に発展させることも可能です。

この大きく開かれた可能性を、是非、一緒に手にしましょう。

オンライン講座で、一緒に学べることを楽しみにしております。

 

新規登録する